レオパレスのネットの評判が悪いことについて

賃貸の物件を借りて住むにあたって、賃貸の物件について仲介を行っている会社はとてもたくさんありますよね。またその会社が持っている物件もたくさんあることかと思います。そんな様々な会社、企業がある中でもレオパレス21はとても有名ですよね。ですがそんなレオパレス21の物件はインターネット上で評判が悪いことでも有名なんです。ではなぜレオパレスは評判が悪いのでしょうか。そしてその評判は本当なのでしょうか。

まず一般的にレオパレスとはレオパレス21が建築を行ったマンションやアパートのことを呼びます。レオパレスは壁がとても薄い、退去の際の費用が高い、といったデメリットをあげる悪い評判がたっています。

壁が薄いというのは特に有名な話ですが、古い木造の物件にそういったつくりのものが多いんですね。90年代に建ったレオパレスの物件は安く建てることを重視していた物件が多く、壁が薄くなってしまっているつくりのものも多いです。新しい築浅の物件ですと悪い評判があってから作られているのでそうでもない物件も多いので大丈夫でしょう。

売れない土地

安く泊まれるのはいいけど

「民泊」が盛り上がってるみたいですね。

外国からの観光客が急増していてホテルがいっぱいで予約取れないみたいで、そこで白羽の矢がっ立ったのが宿泊施設じゃない家やアパート・マンションなんですね。

中には、又貸しをするツワモノがいるみたいです。

自分で賃貸物件を借りて、そこに宿泊料をもらってお客さんに泊まってもらうという仕組みで、全部が全部大家さんからの了承を得ているわけじゃないんだそうです。

トラブルとかも増えてるらしいので、なんか微妙ですよね。